"comp_act" feat. Sanso-Xtro - report
Sanso-Xtro
sanso-xtro @ loop-line

昨日の"comp_act"来ていただいた皆様ありがとうございました。

いやー、かなり良かったんじゃないでしょうか(自画自賛)。
自分的には理想的な出来だったと思います。
"comp_act"シリーズもかなりイイ感じになってきたかと思います。

今回は直前に色々とトラブルがあって、開催も危ぶまれただけに尚更感慨深いものがありました。
続きを読む >>
CMFLG | comments(0) | trackbacks(0)
"comp_act" feat. Sanso-Xtro (Type Records)
Sanso-Xtro

■ 2008/09/19 (金) 千駄ヶ谷Loop-line (WEB)
presented by CMFLG / Supported by flau
Live :
Sanso-Xtro (Type Records)
Linda Bjalla
miyauchi yuri
DJ : aus
OPEN 19:00 START 19:30
adv. / door. 2,000 yen (+ 1Drink)
* 会場の都合もあり30名限定とさせていただきます。

WEB予約フォーム : http://www.cmflg.com/reserve.html
メール予約 : sanso@cmflg.com まで お名前・人数をご連絡ください。

■ Sanso-Xtro
Sanso-Xtro
sanso-xtroはアデレード(オーストラリア)在住の女性アーティストMelissa Agateによるユニット。
オーストラリアのアヴァン・ロック・バンドでドラマーとして活躍後、2000年にロンドンに移ってからシンセサイザーや小さな楽器を使ったソロの音楽を作り始める。 ロンドンの倉庫で録音されたこれらの音
楽は2005年Type Recordsより1stアルバム『Sentimentalist』としてリリースされ、話題を呼ぶ事となる。このリリース後、ヨーロッパやオーストラリアをソロ・ステージもしくは3人編成のバンドでツアーを行った。
Sanso-Xtroはラップトップを全く使用せず、自身の歌や、手足を器用に使ってシンセサイザー、カリンバ、パーカッションや様々なエフェクトを操作し、独自の音楽を奏でる。
現在ニューアルバムのレコーディング中で年内に完成予定。
Official : http://www.sanso-xtro.com/
MySpace : http://www.myspace.com/sansoxtro

■ Linda Bjalla
Linda Bjalla
Linda Bjalla は鈴木いずみによるソロプロジェクト。
1986年、レースのカーテンが揺れていた。私はピアノを弾き始めた。 今、そしていつでも、私は音楽を作っている。 あなたに私のことを思い描いてもらいたい。 もし私の音楽から何かを感じたら、それが私。
Official : http://www.lindabjalla.com
MySpace : http://www.myspace.com/lindabjalla

■ Miyauchi Yuri
miyauchi yuri
1983年生まれ。2001年よりソロ活動を開始。自主映画/映像、webサイト等へ楽曲を提供する傍ら、2004年から自身の楽曲をweb上で配信。2006年にRallye Labelよりデビュー・アルバム『Parcage』をリリース。海外では「ラップトップ世代のアントニオ・カルロス・ジョビン」とも評された繊細なアコースティック〜エレクトロニカ・サウンドが各方面より高い評価を獲得。その後も精力的にライブ活動を続けAu Revoir SimoneやI am Robot and Proud、Montag、Pandatoneといった海外アーティストとも共演。更にMiyauchi Yuriの才能を大絶賛する高橋幸宏氏の直々の指名により、幸宏氏の全国ツアーにHer Space Holiday、Steve Jansenらと共に参加。更に同ツアーに参加していた高野寛氏にその才能を認められ、高野寛+原田郁子(クラムボン)による細野晴臣トリビュート・アルバム収録曲『終わりの季節』のアディショナル・プログラミングを担当。また、最新作「lang」が大好評のアーティスト、Ausと共にレーベル"Flau"を立ち上げ、現在その活動の幅を広げている。
Official : http://www.miyauchiyuri.com
MySpace : http://www.myspace.com/yurimiyauchi
past shows 2008 | comments(0) | trackbacks(0)
Let's decrease flyer.
実は先日のHerve Boghossianの来日公演以降、実験的にフライヤーを廃止し、ネットでの告知のみで宣伝を行っています。

これはもちろん環境の事を考えてのことです。

ライヴハウスので折込が有効な告知手段でもあり、重要な告知活動であるのは解るのですが、会場で読んだら、基本的に捨てるしか手段はありません。
ライヴハウスで発行している冊子タイプの物であると、尚更ゴミにしかなりません。
受付での配布の際に「要りますか?」と聞く素晴らしいライヴハウスも中にはあるのですが、やはりちょっとこれも浸透はしていないようです。

そういった事もあり、CMFLGではフライヤーを削減し、ネットでの告知をもっと中心としたいと考えています。
折角のネットですし、もっとこういった告知が出来る環境が整えばイイんですが、まだまだやはり浸透しておらず、mixiでの告知が精一杯という状況です。
それでも、ネットでの告知を続けることで、多少なりそういった流れが出来ればイイと思いますし、今後も出来るだけフライヤーの配布は控えめにしたいと考えております。
しかし流石にそれなりの規模でのイベントの場合は、フライヤーを作成しなければいけないのが現状ではありますが・・・。

何よりも、未だに印刷した紙を渡さないと伝わらないという古典的な手法が主流となっている状況自体がおかしいし、変わらないといけない事だと思います。
本来であれば、全国のライヴハウス・クラブが団体を作り、その中で情報を管理できる環境があるのが望ましいと思うのですが。


一応、現在WEBでの告知は以下のサイトで行ったりしています。
他にこういったWEB告知が可能なサイトがありましたら是非教えてください。
メーリングリストについては、検討中です。

mixi : http://c.mixi.jp/cmflg *コミュなどに投稿
MySpace : http://www.myspace.com/cmflg
Last.fm : http://www.lastfm.jp/
WARSZAWA : http://www.warszawa.jp/
Realtokyo : http://www.realtokyo.co.jp/
Asoboo : http://asoboo.com/
Traksy : http://mysound.jp/electronica/
Fly8 : http://fly8.jp/
XCLUB : http://xclub.jp/
action | comments(0) | trackbacks(0)
"comp_act" feat. Richard Houghten - finished.
Richard Houghten
Richard Houghten @ loop-line

少し遅くなりましたが、週末の"comp_act"に来ていただいた皆様ありがとうございました。

今回のゲストのRichard Houghtenは、日本ではあまり知られていない方ではあったのですが、私がCDを持っており大変愛聴していたという事もあって、イベントが実現しました。
ライヴ自体もMPCやラジオなどを使ったポップなライヴで素晴らしかったですし、初めて彼を知った大半の方にも好評だったようでよかったです。
Richardも気さくなヒトで、今回のイベントをかなり楽しんでくれたようです。
続きを読む >>
CMFLG | comments(0) | trackbacks(0)
RECOMMEND
RECOMMEND
KOCH
KOCH
Lee Gamble
RECOMMEND

Dirty Ep

Mujuice
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
CONTACT
TWITTER

ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
ACTION