"jicoo floating bar" - Sound Produced by CMFLG

大好評に付き、今月もまた開催します!松本零士プロデュースの未来型水上バス"HIMIKO"で行われている船上ラウンジ"jicoo floating bar"の音楽を、1日だけCMFLGでプロデュースします。
今回はSummerSonic09出演も決まったausがアンビエントDJセットで登場、7月に待望の1stアルバム「Naked Season」をリリースしたShinya Takatori、そして六本木ヒルズのマドラウンジで開催中のイベント"E-NAUTでも活躍するmophONEがLive Setで登場します!
ちなみに前回のイベント時の写真はこちら

"jicoo floating bar"

2009/08/14(Fri)
-DJ-
aus (flau) [ambient DJ Set]
Shinya Takatori (RANKandFILE RECORDS)
morrissy (CHIMERA/Rallye)

-Live-
mophONE (moph record)

■出港時刻(どの時間からでもご乗船いただけます)
*日の出桟橋発着所 (MAP)
20:00
21:00
22:00
*お台場海浜公園発着所 (MAP)
20:30
21:30
22:30
※最終便は23:00に日の出桟橋帰港となります

■料金
floating pass 2,500円
フローティングパスは船から降りない限り乗り放題です。料金には乗船料とエンターテインメント料が含まれます。

【ご来場頂くお客様へ】
※船は定刻で出港します。出港時刻の20分前には発着所にお越し下さい。
※全席自由席となります。(お席のご予約は行っておりません)
※アルコールを販売しているため、ドライバーの方や20歳未満の方はご乗船できません。
※男性のサンダルやショートパンツでのご入店はお断りしております。
※台風等の悪天候時や機関点検等で、営業を取りやめる場合がございます。

"jicoo floating bar"

毎週木曜日、金曜日、土曜日に現れる船上バー。
日の出桟橋〜お台場海浜公園を30分毎に行き来しています。
船内では、海抜0メートルの動く東京湾の夜景と、音楽を中心としたエンターテインメントショーをお楽しみいただけます。
http://www.jicoofloatingbar.com

TOKYO LIVING CRUISE
http://www.tokyolivingcruise.com
続きを読む >>
past shows 2009 | comments(0) | trackbacks(0)
We declare "No Drug".
No Drug
当たり前のことですが、CMFLGではドラッグの使用は行っておらず、
ドラッグの使用には反対の立場を取っています。

しかし連日の酒井法子や押尾学とか薬物をやっていた愚かな連中の報道のせいで、クラブや音楽イベント自体が大きな誤解を与えることを非常に危惧しております。
確かに一部のレイブ〜トランス系のイベントではそういった噂は絶えませんが、それらとは一緒にしないで欲しいのです。
こういった事でクラブやライブハウスの営業がこれ以上厳しくなってもらっては、音楽イベント自体が絶滅の危機に扮してしまうでしょう。
現に、現在の東京のクラブはこの数年で壊滅状態で、バー営業という形にシフトし、小さい音で音楽を聞かなければならないという有様です。
警察の取り締まりが厳しくなるのは当然ですが、それで関係の無い人達まで巻き込まれるのは御免です。

けどこういった取り締まりの動きに対してハコもイベント側も、気をつけてくださいと言う程度で(というか言うまでも無い事なので基本言いませんが)、実は大して積極的に薬物撲滅の動きはやってないと思ったわけです。
そこがまず考え方を変えないといけないかと思います。
まず疑われても否定出来るような盾も無く。むしろ協力するべきなのに。
なので、まずは言わなくてもわかることとはいえ、"No Drug"を宣言し、押し付けでも構わないので啓発に努めることが必要かと思います。

なので、今後CMFLGのイベントで、薬物禁止啓発のビラとかも折り込むとか考えようと思います。
「ダメ。ゼッタイ。」の某所は財団法人らしく、啓発資料は全部販売になってて呆れてしまったのですが(そんな有様がこんな現状を作っているという責任は感じないのでしょうか?)、公共の機関で協力いただけるところを当たってみようと思います。
必要であればオリジナルデザインで作ってもいいし。
他のイベントやハコでも使えるような感じにして、活動を普及させるのもいいかと思います。

それこそ取り締まりや法律が施行される動きに対して、直前になってからバナーとか作って一生懸命反対運動するような音楽業界のエラいヒトたちがいらっしゃいますが、あんな偽善地味たことじゃなくて、ちゃんと啓発活動として普段からやらなきゃいけない事なのです。

まずは自分のイベントからでも、始められたらと思います。
action | comments(0) | trackbacks(0)
RECOMMEND
KOCH
KOCH
Lee Gamble
RECOMMEND
Quixotism
Quixotism
Oren Ambarchi
RECOMMEND
Ruins
Ruins
Grouper
RECOMMEND

mundo harsh

Ñaka Ñaka
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
CONTACT
TWITTER

ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
ACTION