D-Fried ''The Lost Tomorrow'' Japan Tour - 2013.06.01-08
D-Fried Japan Tour
Designed by buna (www.bunaism.com)

バルセロナの盟友D-FriedとVJのDo not Disturbを迎えての来日公演を行います。
2006年にArbolのメンバーとして来日して以来のツアー。
CMFLGメンバーのスペインツアー時にもお世話になった彼のために、彼とコラボした日本人アーティストの皆さんとの共演を予定しています。

D-Fried "The Lost Tomorrow" Japan Tour

6.1(Sat) "PROTOCOL" @ 落合 SOUP w/ BISK, Tessei Tojo, Sabi
6.2(Sun) "TRENCH WARFARE x TOGO CURRY" @ 千葉 Tresure River Book Cafe w/宮内優里, Sokif, etc
6.4(Tue) "TRENCH WARFARE 8.01" @ 本八幡 Expose-One w/ Wataru Sakuraba, etc
6.7(Fri) "jicoo floating bar" w/ antennasia, NUE (OPUESTO), Auto, etc
6.8(Sat) "13complex vol.19" @ 中目黒 Solfa w/ aus, Tyme., Shelling, etc


2013.06.01 (Sat) "PROTOCOL" at soup (WEB)
OPEN/START 19:00 adv./door 2,000yen ※"PROTOCOL"バッジ着用で500円OFF
Live:
D-fried with VJ Do Not Disturb (from Barcelona)
BISK (Shhhh/Sub Rosa)
Tessei Tojo (PROGRESSIVE FOrM) NEW!
Sabi NEW!
VJ : Fushimi Naoto
DJ : buna (Trench Warfare)

WEB予約フォーム:http://www.cmflg.com/reserve.html
メール予約 :protocol(at)cmflg.comまで、
お名前(カナ・フルネーム)と人数をご連絡ください。

D-Fried
D-Fried
D-Friedはバルセロナを拠点とするDJ/プロデューサー、ジョルディ・サルデスによるユニット。
90年代中盤よりDwight Fried, Alien Kid, Sadako Experenceなど数多くの名義・ユニットで12インチをリリース。2003年よりロンドンに移り、D-Fried名義での活動を開始する。すでにこの頃より、彼の特徴である電子音の質感と、難解なリズムによるアンビエントサウンドに、日常のノイズと重なり合う繊細なメロディーというスタイルは確立されつつあった。2006年、再びバルセロナに戻り、スペインのarbol(ex.Piano Magic)のアルバム『You travelled my heart inside out』の6曲に参加し、欧州と日本のツアーに参加。その中でsokif(Revirth)やantennasiaのremixを手がけ、Mizukage Recordsのコンピにも参加するなど、日本のアーティストとも交流を深める。2009年、D-Fried名義による1stアルバム『Clouds Leave No Trace』をドイツのネットレーベルPhonocakeよりリリース。同年のネットレーベルのベストアルバムの一つに選出される。その後、同アルバムに収録されている"Clous In Motion" はドイツの名門レーベルMille Plateaux/Force intelのコンピ『IAM - Intelligent Ambient Music 01』に収録された(他にAmetsub, Sabi, Pleqなどが参加)。そして、今年2013年バルセロナのレーベル、Discontinurecordsより2nd『The Lost Tomorrow』をリリース。スペイン国内外のメディアに取り上げられ、“彼が存在している限り電子音楽の未来は明るい”と高い評価を受けている。
http://micro-clima.com/sounddesign/d-fried/



Do not Disturb
Do not Disturb
Do not Disturbことジャビエル・アルヴァレスは、バルセロナを代表するヴィジュアルクリエイター。
VJとしてのキャリアも長く、Sonar、Red Bull Academy、Test、Barcelona Visual Soundなど多くの大型フェスティバルでのVJを務めてきた。また、それだけに留まらず、インスタレーションやイベントデザインなど、映像に関わる多くの演出を手がけている。
現在はその技術をより後進に伝えるべく、バルセロナのオーディオビジュアルの専門学校であるMAD Center(www.madcenter.es)にて講師を務めている。
http://micro-clima.com/av/do-not-disturb/

WOOKY (RMX) - bRUNA + Do not Disturb from Do not Disturb on Vimeo.


BISK
BISK
1995年、21歳でベルギーの実験音楽レーベルSubRosaと契約。同レーベル所属の5
年間に4枚のアルバムをリリースし、グリッチや カットアップを多用しながらテ
クノの領域を大胆に逸脱する「エレクトロニカ」領域を開拓。_その他、ビル・
ラズウェルのリミックスや Auteche・Squarepusherらと共にEast Flatbush
Project のリミックスアルバムに参加、また、英 WIRE 誌の年間ベストディスク
100枚の中に選ばれ米URBマガジンでは日本人として「NEXT100(次にくる100
人)」にも選ばれるなど活動の場を広げつ つあったが、2000年に活動を休止。
そして、2012年夏12年ぶりに新作「MEMORABILIA」をドイツのレーベル Shhhh か
ら発表。
http://bisk.jp/
[Preview] from the forthcoming album "MEMORABILIA" by bisk - japan

Tessei Tojo
Tessei Tojo
1988年5月生まれ。卓越したメロディアスさとキレのあるビートが魅力的な楽曲を生み出す新星トラック・メーカー。ジャズベーシストだった父の影響もあり12歳からギター、ベースを弾いている。2009年からソロで活動。翌年、電子音楽イベントdoodleを主催し、PROGRESSIVE FOrMのコンピレーションアルバム『Forma. 3.10』に参加。2011年、Jemapur率いるSaluutより『Windows EP』をリリース、そして2012年10月、待望のデビュー・アルバム『My Little Beautiful』をPROGRESSIVE FOrMよりリリース。独特なコード使いとベーシストならではの精巧なビートワークに今後の活躍が期待される才能である。

Tessei Tojo “Innocence” from yuma saito on Vimeo.


続きを読む >>
info | comments(0) | trackbacks(0)
RECOMMEND
SFIMT
SFIMT
Geskia
RECOMMEND

Geodesy

ssighborggg
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
CONTACT
TWITTER

ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
ACTION