Opal Tapes x Pacific Psychedelia Tapes x Sludge Tapes x Zoo Tapes - 2014.10.11
Opal Tapes x Pacific Psychedelia Tapes x Sludge Tapes x Zoo Tapes
世界的に広まるカセットテープシーンの今。
その中でも代表的なOpal Tapesより、Ñaka Ñakaの来日ツアーをサポートします。
共演にNYよりÑaka Ñakaらも作品に参加するテープレーベルPacific Psychedelia TapesのオーナーDrome Grunge、さらに日本代表Sludge tapesよりmiclodiet、zoo tapesよりsteel music、さらにはKazuki Muraokaらが出演します。

Opal Tapes x Pacific Psychedelia Tapes x Sludge Tapes x Zoo Tapes
2014/10/11(SAT) at soup URL
OPEN/START 18:30 adv./door 2,500yen
Ñaka Ñaka(Opal Tapes)
Drome Grunge(Pacific Psychedelia Tapes)
miclodiet(sludge tapes)
steel music(Zoo tapes)
Kazuki Muraoka(Adapt Records)
Akey
VJ: masashi narita

〜Pacific Psychedelia Tapes Japan Tour〜

Ñaka Ñaka(Opal Tapes)
Ñaka Ñaka
故郷のMexico Cityをバックボーンに持ちダンスカルチャーとはかけ離れた独自のアプローチで構築される楽曲はまるで闇に包まれた町を表現しているかの様なミステリア スなサウンドコラージュでありながらメキシコのNoiseカルチャーをも彷彿させる。移住先のNew York、Brooklynでは盟友M/M(1080p)と共にDeep Radioを主宰し、これまでにOpal TapesからJuan Pestanasリリースし、今年に入りBrooklynをベースにするPacific Psychedelia TapesのV.Aシリーズ"right sound, right place II"へ参加。今秋にはOpal Tapesの12'inchシリーズ"Black Opal"からMundo Harshが控えている。

Sound Cloud
https://soundcloud.com/naka-naka
Live set:
https://soundcloud.com/naka-naka/dimensions-series-t4-naka-naka

Drome Grunge(Pacific Psychedelia Tapes)

2013年にPacific Psychedelia Tapesをスタートさせ、ニューヨーク、ブルックリンを拠点に活動中。交友関係からなるV.Aシリーズでは第一弾に、共にブルックリンを生活拠点に置く White MaterialのGalcher Lustwerkなどが参加しNTSやRinse FMの主要番組で紹介された。DIYでRAWな質感を持った楽曲からはアーティストの生活背景や場所などが見え隠れする。続く第二弾にOpal TapesのNaka Nakaなどが参加。盟友1080pのM/MとNew Town Radioの人気番組deeeepでは地元アーティストを招き毎回3時間超えのミックスを披露している。パートナーであるMasahiro Uedaと共にBossa Nova Civic ClubでDown by Lowを主宰しこれまでにMarcos Cabral(L.I.E.S.)、Joey Amderson(Inimeg Records)、Trinidadiandeep(Prescription)、Huerco S(Software)、Galcher Lustwerk(White Material)、Alvin Aronson(White Material)、Terreke(L.I.E.S.)、Randy Delgato(ex Dope Jams)、Jm De Frias(Sequencias)、Amaury Arias(Strobelight)などを招聘し、RAのパーティレビューでは高評価を得る。そして来たる10月17日にはChicagoからSpector(Tedrode Music,Sound Signature)との共演を控えている。

Sound Cloud
https://soundcloud.com/pacificpsychedeliatapes
Down by Low@Bossa Nova Civic Club
http://www.residentadvisor.net/review-view.aspx?id=15444

miclodiet(sludge tapes)
miclodiet
東京都新宿出身/sludge-tapes主宰。2007年からライヴ活動を開始。Technoise meets Industrialなオリジナリティーのあるサウンドとハードウェアオンリーの独自のライブスタイルで数々の来日アーティストのフロントアクトとしても 活躍。2010年、OPTRON奏者・伊東篤宏とのユニット“ultrafunctor”を経て、2011年には自身のレーベル、sludge- tapesを立ち上げ1stEPリリース。2012年、HEADZよりリリースのsuzukiiiiiiiiii×youpy『sxy』にremix収 録。2013年、daen V.A 「inner tape」、Steven Porterとのスプリットであるsludge005「Restored / Waste」をリリース。2014年、6月にshotahiramaとのスプリット「clampdown」をリリースの他、10月には東欧セルビアの Genesa RecordsよりGENESA005Vをヴァイナルでリリース予定。
Tokyo-born manager of Sludge-tapes. Techno and noise artist. Began live activities in 2007. An organizer of countless events which draw a rabid fanbase.
http://sludge-tapes.com/

steel music / hidenori sasaki(Zoo tapes)
steel music
カセットレーベルzoo tapes主宰(Ambient,Drone,Noise) 11年モダーンミュージック PSF Tokyo Flashback vol.8にMetaphoricで参加 12年ele-king web Ambient,drone,noise chart記事を寄稿、東京を中心としたシーンの紹介 13年DOMMUNE 20代30代ノイズ系ミュージシャンを紹介する番組、現代ノイズ進化論主宰 14年zoo tapes zine(free paper)作成vol.7まで 個人のオンライン、bandcamp販売をバックアップするべくサイトcassette glasnostスタート。
http://casstte-glasnost.tumblr.com/
自身の音もbandcampで聴けます! steel music名義でのlive音源(北欧10年代インダストリアル、90年代以降音響ノイズ)
https://zootapes.bandcamp.com

Kazuki Muraoka(Adapt Records)
Kazuki Muraoka
北海道札幌市出身、神奈川県在住。 Adapt Records主宰。 インストゥルメンタルバンドの活動を経て コンピューターミュージックへ転向。 90年代のTechno, Hip-Hop, Noiseなどに影響を受け ダンスミュージックを独自の視点から解釈。 アナログ機材、自作ソフトウェア等を使用し 様々なサウンドをコラージュする。 2013年にアナログEPをリリース。 関東を中心に、札幌、大阪などでも活動を行う。
Adapt Records : http://adaptrecords.com/
Soundcloud : https://soundcloud.com/kazuki-muraoka

Akey
Akey
モノクロームな世界から色彩な世界へと、前衛的に時にアウトサイダーにモーションをかける。音=色その場の色のイメージを音で表現し空間を何色にも染めていく。indastrial techno party「veta」「rulal after party」electronica,noise party,実験的な場所として自らがオーガナイズする「helix.film」等で幅広く活動。

masashi narita
info | comments(0) | trackbacks(0)
RECOMMEND
SFIMT
SFIMT
Geskia
RECOMMEND

Geodesy

ssighborggg
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
CONTACT
TWITTER

ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
ACTION